スポンサードリンク

no2_houzoumon_from_hondou

■ 浅草観音と仲見世(自由散策・80分)

車窓から浅草橋を見ながら、一路浅草寺へ向かいます。浅草橋界隈は、いわゆる問屋街のようで、以前は多くの人でごった返し、店先の歩道ギリギリにまで小物商品が並べられていた記憶がありますが、本日はあいにくのお天気、有名な人形屋さん2軒の看板を見ただけでした。

はとバスの駐車場は、浅草寺裏にありました。そして不思議なことに、バスが完全に止まると、ものすごかった雨風が霧雨状になりました。下車して、ガイドさんが本堂まで案内する間に、雨は完全に止みました。ここから自由散策となります。

本堂には、向かって左側から入りました。こんなに人影まばらな浅草寺は初めてです。お参りしておみくじをひくと、なんと“大吉”でした。びっくりしました。その後、本堂から仲見世通りを眺めると、以前はあったアーケードが取り外されていました。台風の影響なのか、季節的なものなのかはわかりません。けれども、それが余計に閑散としている風景に見えて、こういう日もあるのだなあと、いつもと違う空間を味わいました。

さて、この「東京半日」コースには、クーポン券が付いています。浅草では、指定の飲食店やおみやげ店で割引があり、なにより“雷おこしチョッピリプレゼント”は外せません。ただし、指定店の中には定休日だった店もあり、天気の具合も気になったので、本堂最寄りの指定店で活用することにしました。“雷おこしチョッピリプレゼント”は、約2センチ角のものを2ついただきました。定番の名品だったので、おみやげとして2缶購入しました。

自由散策の時間が80分あったので、食事もしました。『雷5656茶屋』で、“天重”を食べました。おいしかったです。そのほか、“芋ようかん”や“人形焼”を購入し、仲見世から少し入ったところで“たい焼き”を食べました。

その3へ続きます→ はとバス東京半日の定期観光コースガイド その3

実際のはとバス東京観光の様子をご紹介

はとバスツアーが気になっている方へ!実際のはとバス東京観光の様子を動画でご紹介しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

このページの先頭へ