スポンサードリンク

ビジネスの場面でのDropBox(ドロップボックス)の活用イメージムービーを紹介します。

ドロップボックスの基本的な機能は「ファイルの共有」というシンプルなものですが、使いこなせば非常に便利なツールです。

活用例

ドロップボックスにはファイル管理の他に様々な機能あります。例えば、今撮った写真や動画をすぐにドロップボックス内に保存する事ができます。

方法は、携帯のアプリ内の設定画面からカメラアップロードを設定すると、撮影した写真や動画は自動的にドロップボックスにアップロードされるようになります。

他にメールに添付されているファイルを保存したりファイルの公開をする事も出来ます。

ドロップボックスでは、間違って削除してしまたファイルもすぐに復元する事が出来ます。

削除したファイルは、ドロップボックス内のゴミ箱で履歴としてすべて閲覧する事が出来るので、ここで復元したいファイルをクリックして復元する事が出来ます。

ただし、使用して30日間が過ぎると、以前のファイルは消去されるので注意しましょう。又有料ですが無制限に保存できるサービスもあります。

ドロップボックスをずっと使っているとやはり、データ容量が少なくなってきます。

そんな時は、プロのプランに切り替えて容量を増やしましょう。

プロのプランは有料にはなりますが、その分、容量は大変満足できるものになります。

移行するにはアップデートを行い、月額払いか年間払いか選択します。

また、年間払いの方が約17%程お得になります。そして、クレジット決済を行うとすぐに容量が増えます。

なお、evernoteやsleipnir、outcookなどの他のアプリと連動して使うとよりよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

このページの先頭へ